本文へスキップ

西成・あいりん地区で暮らそう

変わりゆく街大阪あいりん地区。釜ヶ崎ともいう。

 「あいりん地区」全国の日雇い労働者の町です。現在は高齢化が進んでいますがまだまだ元気。魅力は物価が安いこと。慣れれば住みやすい町です。ごゆるりと。

ギャラリー

イメージ01

あいりん地区

 写真の建物は大阪環状線新今宮駅前の「あいりん労働公共職業安定所」です。テレビで見たことがある人も多いでしょう。あいりん地区の象徴です。
イメージ02

山谷地区

 先日東京に行ってきた。東京と言えば山谷。東京のドヤ街である。テレビでは何度か見たことあるが訪れるのは初めてだ。いったいどんな街なんだろう。
イメージ03

寿町

 3大ドヤ街の中では一番規模が小さいが、衝撃度は一番高い。狭い地域の中に色々なものがコンパクトに詰め込まれている。
 山谷地区よりもあいりん地区に近い感じの横浜寿町、地域内には簡易宿泊施設が密集し、飲み屋が立ち並ぶ。1月4日に訪れたのでまだまだ町は正月気分。別の日にもう一度訪れる必要があると思った。
 横浜寿町、あなどるなかれ。
イメージ04

大阪新世界

 ここは大阪の新世界、歴史は古く100年以上前に作られた街である。
 元々畑地や荒地が広がっていた地域であるが、1903年(明治36年)に開催された第5回内国勧業博覧会がきっかけとなり、市街化されることになった。

informationお知らせ

2018年5月26日
サイトリニューアル。スマホ対応しました。    
2015年5月19日
岩田屋酒店を追加しました。   
2014年6月28日
大阪新世界を追加しました。   
2012年10月11日
「西成・あいりん地区で暮らそう」リニューアルしました。

pr

PRお知らせ

スマートフォン版