本文へスキップ

東京山谷地区の紹介です。簡易宿泊施設が立ち並ぶ東京のドヤ街です。

山谷地区(ストリート04)

山谷地区の交差点に泪橋交差点がある。20代の若者にはわからないかもしれないが、40歳近いおっさんならすぐにピンと来る。「泪橋」、あしたのジョーの丹下ジムがあった橋の事である。

ギャラリー

山谷地区【ストリート04】お知らせ

 山谷地区の交差点に泪橋交差点がある。20代の若者にはわからないかもしれないが、40歳近いおっさんならすぐにピンと来る。「泪橋」、あしたのジョーの丹下ジムがあった橋の事である。

 昔はこの場所に思川が流れており、そこに泪橋がかかっていたそうな。思川は後に埋め立てられ、明治通りになりましたとさ。

 そんなあしたのジョーのモデルとなった山谷地区、いろは会商店街が新な活動を展開していた。

山谷地区であしたのジョー

 山谷地区にあるいろは会商店街。あしたのジョーの古里を前面に町おこしを展開中。

 訪れたのが正月休みなのが悔やまれる。本当の日常がわからない。

ドヤ街出身あしたのジョー

 散策していると矢吹ジョーに出会う。前面から撮ろうとしたらゴミがあったので後ろから撮ってみる。

 かっこいいじゃないか。ちなみに像が設置されたのは平成24年11月末、つい最近の事です。

 通りがかりのおっさんがジョーと一緒に記念撮影しておりました。

山谷に帰ってきたあしたのジョー

 「ゴミが邪魔で撮れない。」っと、思っていたが、撮ってみた。するとよりジョーらしくなった。(笑)

 元々ドヤ街出身のジョーだ。よく似合っているよ。

 でももう少し像の位置を考えたほうが良かったのでは・・・もしくはゴミの位置をだな・・・

酔っ払い

 等身大の看板がいろは会商店街の数箇所に設置されている。写真は「丹下段平」。丹下ジムのオーナーでジョーを育てた人物。

白木お嬢様

 白木ジムのお嬢様。元々お父様が白木ジムのオーナーを務めていたが、途中からお嬢様がオーナーになる。

 今となっては悔やまれるがすべてのポスターを写真に収めておくべきだった。力石徹や、青山君のポスターも存在していた。

pr

PRお知らせ